IOTや管理システムの開発や導入で絶対に失敗しない方法

IOTや管理システムの開発や導入で絶対に失敗しない方法

 

IOT、IOT 働き方改革だ!! 業務や作業効率アップだ!!・・・

こんにちは!
株式会社プロビデンスの近藤です。

今回は、
IOTの流れの中で 顧客管理や業務管理や生産管理をシステムでできる管理システムが中小企業さんでも開発や導入されるなか

『導入したけど・・・・』
管理システムの開発や導入自体が 触れてはいけないこと、なかったことになっている

⇒その会社での黒歴史化

・・・という話って実はよくある話なんですよ

お金を払って導入や開発した管理システムなどを
お蔵入りにさせない方法について記していきます。

せっかく導入した管理システムが・・・

せっかく導入した管理システムが・・・使われない、なかったことに

・・・となる理由ってわかりますか?

 

システム自体に問題があり、ちゃんと動かないから??

・・・と思われる方いらっしゃると思いますが

 

システムが動かない、エラーやバグが・・・という問題はキチンと対処していけば、時間が経てば解決ができます。

 

では、システムもちゃんと動くのになかったことになるのはなぜ??

 

せっかく導入したシステムなのに、誰も使わない・・・という状態になってしまうからです。

 

そういう状態に陥らないために
一番大事なこととは、

システムやWEBの知識がないあなたでもできることなんです。

むしろ、会社のことを一番わかっているあなたがわかっていれば この問題は避けられます!!

 

IOT・社内管理システム導入での失敗しないための3つの鉄則

IOTや社内管理システムの導入や開発で失敗しないためには

 

導入や開発を行うシステムや管理ツールと運用の在り方を事前にキチンと決めておく!!

最初に決めたシステムや管理ツールと運用の在り方を途中で変えない

実際にシステムを使う人(運用)の意見などを聞いたりしコミュニケーションをしっかりとる

 

決めることと意見を聞くことなら あなたでもできますよね??

 

①導入や開発を行うシステムや管理ツールと運用の在り方を事前にキチンと決めておく!!

まず、システムを導入や開発をする前に確認し、決めることです。

具体的にいうと

①今 運用しているやり方やルールに従って、開発や導入をしようとしている管理システムの機能や仕様などをどうするか?を決めるやり方
運用在りきで、システムをどうするか?を決めるやり方

②開発や導入をしようとしている管理システムの機能や仕様に従って 運用のやり方やルールを変更させるやり方
システム在りきで、運用方法やルールなどをシステム側にあわせて変更するやり方

 

この2つのうちのどちらの方法でいくのか?を決めることが非常に大事になります。

 

“業務や作業の効率化”
・・・という言葉に翻弄されて
今の運用がどうなっているか?の確認をおざなりにしないように気を付けましょう

 

②最初に決めたシステムや管理ツールと運用の在り方を途中で変えない

新しい管理システムの導入や開発が決まり そのシステムのリリースまでの間に

『この機能も追加で入れよう』
『ここをもっとこうした方がいい』

・・・というようなことが、上手く進んでいても、そうでなくても出てきます。

運用在りきでつくるはずだったものが・・・・

・・・というようなことになることもあるので気を付けましょう

 

実際にシステムを使う人(運用)の意見などを聞いたりしコミュニケーションをしっかりとる

システム在りきで運用ルールややり方を変える方法でも
運用在りきで管理システムを開発導入するやり方でも

なんだかんだいっても

 

管理システムをつかって運用するのは、現場の人達です。

 

『IOTや管理システムの話をしても どうせわからないだろう』

・・・とタカをくくらずに

今の運用上の問題や改善点や要望などを聞いてみてください。

お金を払って導入・開発したシステムがお蔵入りになるかどうか?は彼ら、現場にかかっているからです。

 

リリース後のフォローも忘れずに

新しい管理システムの導入が終わった!! リリースが終わった!!
・・・と100%安心しないでくださいね

導入後や開発のリリース後もしばらく現場の人達のフォローやサポートを行っていくことが大切です。

 

IOTや管理システムの開発や導入の成否は?

IOTや管理システムの開発や導入に失敗しない為には、

管理システムを実際に使う現場の人の意見をキチンと聞いてください。

WEBやシステムに疎い人から意見を聞くということは大変だと思いますが、そこは絶対に取り組んでください。

どんなに多機能な素晴らしい管理システムであっても
誰も使えないものであれば お蔵入り 黒歴史になります。

しかし

管理システムに多少の難があっても、現場の方が使っていれば お蔵入りにも黒歴史にもなりません。

 

とはいっても・・・。

IOTや管理システムの導入や開発を実際にすすめることは、あなたにとってとても大変と思われることもあります。

もし、

・これから管理システムの導入や開発をすすめようとしている方
・社内や社外の調整に自信のない方
・今 すすめているが なかなかうまく進まないとお悩みの方

いらっしゃいましたら 下記よりお問合せください。

 

日本全国どこからでも ネットが繋がればワンクリックで参加できる

Zoomでの無料相談でもOKです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です