安くしたい ホームページなどの制作費やシステム開発費を安くする方法【これだけは、わかって欲しい】

安くしたい ホームページなどの制作費やシステム開発費を安くする方法【これだけは、わかって欲しい】

こんにちは
株式会社プロビデンスの近藤です。

消費税も増税され、
収入も目減りしているなか、

できれば支出も抑えたい!!

・・・当然ですよね!!

と、いうことで今回は、

ホームページやシステム開発などの制作費や開発費などを安くしたい!!

・・・とお考えのみなさま

【これだけは、わかって欲しい】
開発費や製作費を安くする方法
・・・などについて解説していきます。

製作費や開発費を安くする2つの方法

開発費や製作費を安く抑えるやり方は、

①元々 安いところに制作や開発をお願いする

②開発費や製作費を安くしてもらう、割引してもらうようにお願いする

この2つの方法です。

元々 安いところに制作や開発をお願いする

ランサーズやアイミツなどが代表的なものです。

最初から安さだけでさがしたい!!

・・・という方にはオススメです。

しかし、

ランサーズなどで受注しているところは、

価格を低くしている分、数をさばきたい!!

・・・ということを考えているところもあるので

受注業者とのやり取りなどのコミュニケーションに問題が出てくると
上手くいかなるケースもあります

値段が安い=トラブルにもなりやすい

・・・というリスクがあることを事前に理解することが大事です。

②開発費や製作費を安くしてもらう、割引してもらうようにお願いする

私が知り合いの制作会社や開発会社に

『ちょっと安くして欲しいんだけど お願い!!』

・・・いいとこ10%くらいの割引や値引きしかして貰えません!!

しかし、

金額にもよりますが、全体の費用から1/4から2/5くらいの割引や値引きをして貰っています。

当然、成果物や完成品に手抜きはありませんよ!!

では、具体的にどのようにやっているか?というと

制作や開発で安くやって貰う為にやっていること

簡単にいうと

依頼した制作会社や開発会社に 作業(制作作業・開発作業)に専念してもらえる状況をつくりだし
短期間で対応できるようなやりとりをしています。

どういうことかというと

仕様(ホームページやシステムでああしたい、こうしたい)をわかりやすく伝えている
⇒長年の付き合いがあるので、何をどこまで伝えれば、相手がどこまで理解してくれるかがわかっているということです。

仕様がコロコロ変わらないように調整している
⇒タイミングを誤って仕様変更などをすると納期やリリースが延びることがあるんです。

スケジュールや期限・期日を順守している
⇒これが結構できないところが多いらしく、結構ありがたがられます。

特別なことをやっているわけではありませんが
これらのことがキチンと出来れば、安くする以外でも、リリース日が短い短納期でも対応ができるようになります
フラッシュパス!!・・・を通すと 私は勝手に言ってますが(笑)

制作会社や開発会社が嫌がること

因みに
制作会社や開発会社が嫌がることとは

前述したことの逆のことになりますが、具体的にいうと

仕様(ホームページやシステムでああしたい、こうしたい)が決まらない

仕様がコロコロ変わる、スケジュールを無視した変更依頼

期日や期限を守らない

丸投げ、お任せ

お金払っているんだから・・・お客なんだから・・・どうにかしろ!!・・・的なことを言われること

制作会社や開発会社が嫌がることが多発するとどうなるか?

100% モメます!!

一度 モメだすと

依頼側と受注側のそれぞれの正当性の主張をしはじめ

制作や開発した成果物の問題

今までのやりとり

費用やお金の話

・・・などでモメることになり
制作や開発作業が止まってしまうケースなどもあります。

制作や開発を安くやって貰うには?

私の場合は 長年やってきた経験と信頼からできる値引き交渉のやり方ですが
それを業界経験のない方に同じようなやり方をやりましょう
・・・ということは言いません。

では、どのようにやればいいか?
・・・というと

値引きや安くして欲しいということは、ある程度の予算感があると思います。

そうであれば、
最初から

『予算がこれくらいなんで、どうにかできませんかね?』

・・・という依頼をした方がいいと思います。

ちゃんとしている制作会社や開発会社であれば
その予算の中で

できるか、できないか
できるのであればどこまでできるのか?

・・・などを検討してあなたの予算感にあった提案をしてくれます。

予算的にきびしい場合でも

『今回やって貰った後で、次の違うこともお願いするから・・・』
『今回お願いした件が終われば、〇〇さんに紹介するから・・・』

・・・などの提案をすることで、予算的にも厳しい場合でも
すんなりいくケースもあります。

制作会社も開発会社も人間なんでね・・・。

あなたが あなたのお客さんにやられて嫌なことを
制作会社や開発会社にやらなければ 問題ないはずです。

そのあたりを理解した上で
値引き交渉などをして頂けばと思います。

もし、自分の場合だったら

これから制作や開発を依頼してみようという方
既に制作会社や開発会社でお願いしているけど上手くいっていない方

・・・などいらっしゃいましたら
下記よりお気軽にご相談ください。

日本全国どこからでも ネットが繋がればワンクリックで参加できる

Zoomでの無料相談でもOKです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です