会社ホームページに顔写真を載せることを拒否されたら

会社ホームページに顔写真を載せることを拒否されたら

こんにちは 株式会社プロビデンスの近藤です。

今回は、会社ホームページに顔写真掲載を断られたらということで
会社ホームページの顔写真掲載について書いていこうと思います。

会社ホームページの顔写真掲載とは

簡単に説明すると

会社のホームページに、社長さんとかが 満面の笑みの写真や
士業の方やコンサルタントの方々とかが、自分のホームページやブログのトップページに自信満々の表情で腕組みしながら映って写真が掲載されているアレです。

会社ホームページの顔写真掲載する理由は

WEB集客とかでは、ホームページに顔写真を掲載することで、ホームページにアクセスしてきたユーザーに信頼感や安心感を与えます。

Youtubeとかも、顔出しして作った動画の方が 顔出ししてない動画よりも再生回数なども稼ぎやすく
ブランディングとかもやりやすいといわれています。

人気ユーチューバーは、ほとんど顔出ししていますよね

会社ホームページの顔写真掲載によるデメリット

アクセス数とか少なければ、問題がありませんが
アクセス数やPV数が増えれば、増えるほど

プライバシーはなくなっていきます。

特に 女性の場合

ストーカーとかに狙われる可能性もあります。

「ホームページに顔写真を出したくらいで・・・」

・・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが

「googleの画像検索」

「Chromeブラウザの画像検索機能」

・・・で画像で画像を検索したり

SauceNAO

・・・などの類似画像検索サイトなどで

ホームページの掲載された
一つの写真のデータからいろいろ調べることができるんです。

まず、ホームページに顔写真を掲載することがどういうことなのか?
を理解しましょう。

会社ホームページの顔写真掲載を断られたら

顔写真をホームページに掲載することに、難色を示す人は当然いらっしゃいます。
その場合の対処方法は?

①無視して掲載してしまう

これが肖像権の侵害になる可能性が高いのでダメです。
ホームページに顔写真を掲載すること自体を確認しないで掲載することは、もっとダメです。

②説得する

ホームページに顔写真を掲載するにあたって以下のことを説明しましょう。

・コンテンツの企画意図について
→顔写真をホームページに掲載する理由、それによるメリット

・顔写真を掲載したホームページの運用について
→従業員やパートやアルバイトの方の場合 退職後の顔写真の取り扱いについてなど

・何かあった場合の対処方法について

説得するにあたってきをつけて頂きたいことがあります。

説得の際に

「ホームページの顔写真掲載は、業務命令だから・・・」
「他の社員もやっているのに あなただけやらないのは、査定に・・・」
「顔写真も出さないで、」

・・・などで説得を試みると相手の受け取り方によっては

パワハラ

・・・になるケースもあります、

更に 女性を説得する場合

「かわいいから・・・」「キレイだから・・・」「女性がいると華やか・・・」
・・・などの説明も 相手の受け取り方次第では、

セクハラ

・・・になるケースもあります。

③顔写真の掲載にOKを頂いた方のみで展開する

無難な方法です。

後々、不公平だ!!という意見などについての対応も想定しておくといいと思います。

④顔写真以外の方法を検討する

似顔絵やデフォルメキャラなどで 顔写真掲載の代用をする。
似顔絵やキャラクターを書いて頂く場合に費用が発生するケースもありますが
写真をそのまま掲載するよりは、リスクは低いと思います。

⑤顔写真掲載自体をやめる

顔写真掲載の必要性や重要性を 再度検討したうえで
あんまり 重要性も必要性もないようであれば

やめる

・・・というのもありでしょう。

顔写真を掲載することで、社内や現場の雰囲気が悪くなるのであれば
やめる という判断もすばらしい判断です。

WEBやホームページのことで何かありましたら

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です