あなたはどこまでやっている?【2020年度最新WEB集客のまとめ】

こんにちは
株式会社プロビデンスの近藤です。

皆さん一度は絶対に耳にしたことがある

『WEB集客』というキーワード

今回はWEB集客について説明していきます。

まずは、WEB集客の全体像はコレ

SEO

無料集客の王道のSEO とにかく手間と時間がかかる
ルールやアルゴリズムは絶えず進化し、変更がフィンパン

MEO

検索をした位置情報をキーにグーグルマイビジネスに登録した住所などから検索結果を表示
MEOという言葉はグーグルは正式に認めておらず、日本のマーケッターなどが勝手につくった造語

業界、業種特化型ポータルサイト

お客さんや、見込み客などを紹介してくれるポータルサイト
資格やライセンスの発行元の協会などでよく見受けられる

SNS

ブログ集客で有効かつ効果的に活用!!
ブログで動画が効果が高いということで、Youtube単体で活用を推奨する流れもあるが
ビジネス系のYoutubeチャンネルや動画は再生数やチャンネル登録者数が思ったほど延びず
挫折するケースもあるが、あまり気にすることはありません。

アフェリエイトがYahooのリスティング広告でできなくなった為、SNSに移行してるとかしていないとか・・・。

PPC広告

PPC広告とは、リスティング広告やFacebook広告などインターネット上の有料広告の総称
SNS広告は特にどのようなユーザーがつかっているのか?(ユーザー属性)を間違えると痛い目にあうこともある
PPC広告は、利用者数が増えれば増えるほど価格が上がる傾向にある

Push型配信

代表的なものは、メールマガジン
配信側が好きな時に好きな情報を配信することができる
LineやFacebookメッセンジャーも同じ
メルマガの会員やLineやFacebookメッセンジャーの友達は自分で集めないといけない
LineやFacebookメッセンジャーは、LineやFacebookがサービスがなくなると集めた友達のデータもなくなる
DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)では必須アイテム

上記以外の紙媒体

チラシやDM(ダイレクトメール)などの紙媒体
一昔前は、WEBと違って紙媒体はコストが高く、効果も低いといわれ敬遠されてきたが
スマホの普及によりホームページがあるのが当たり前となり
チラシやDMを見て、ホームページにアクセスをして問合せをしてくるパターンも侮れない
紙媒体は費用対効果のコストパフォーマンスを無視してはいけない

どれか一つをやればいい から・・・

ホームページやブログが当たり前になった昨今
集客のやり方も単純なものから それぞれのものを組み合わせて使うようになり、複雑になってきています。

EX) リスティング広告でメルマガ会員を集めて・・・

SNSでブログの記事を投稿し、Lineへ・・・

表面的には 複雑に見えても あるカタチに収束するようになっています。

 

これを全部理解して、やらなきゃいけないのかぁ???

 

・・・と驚くこともありません 大丈夫です!!

まずは、わかるところから できるところから はじめてみることをオススメします。

今回はWEB集客の概要について説明しましたが
『自分の会社や自分のビジネスでやるにはどうすればいいんだろう?』
・・・という疑問や興味をお持ちの方

いらっしゃいましたら

下記よりお問合せください。

日本全国どこからでも ネットが繋がればワンクリックで参加できる

Zoomでの無料相談でもOKです。

Follow me!

One thought on “あなたはどこまでやっている?【2020年度最新WEB集客のまとめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です